生理重い人にはピルがおすすめ!膨満感があることも

一般的に知られるようになった低用量ピルというのは、主には避妊薬として使用されることが多いものですが、実はそれ以外にもいろいろな効果が期待できるものなのです。日本においては、十数年前から医療機関で処方されるようになっているために少しずつ認知度が上がってきたのです。
そのピルですが、避妊薬としては100%に近い成功率であるため、女性としては安心して性生活を送ることができるのです。もしも男性側が避妊に非協力的であっても、妊娠を避けることができるのです。
ピルの服用は、毎日きちんと女性ホルモンが入った錠剤を飲むことが条件になるのですが、飲み忘れがあったりすると効果がなくなってしまいます。48時間以上の間が空いてしまうと、ほかの避妊方法に切り替える必要があるのです。避妊効果のほかにも、生理の日にちを調整することができたりしますので、生理日を確実に知ることができたり、早めにしたり、遅くしたりする調整をしていくこともできるのです。また、生理痛や排卵痛がひどい人ではその症状を緩和させることができるのです。
生理重い人であっても、ホルモンのバランスが整うので、生理周期を基本的には28日にすることができるので、かなり軽く感じるようになるのです。ですから、生理重い人やその際の生理痛の緩和や排卵痛なども和らげることもできるのです。
ピルを服用しているときには、人によっては吐き気があったりすることもありますし、膨満感といってお腹の部分がいつも満たされている感じがしたりするような状態になったりすることもあるのです。膨満感というのは、嫌な感じがすることもあるのですが、徐々に体が慣れてくると平気になったりもするのです。
このように避妊以外にも生理重い人でも、膨満感を感じることがあったりもしますが、ピルの服用を検討してみてもいいでしょう。