常備ピルの有効期限に注意

避妊や生理不順の改善などの目的でピルを服用している場合、日頃から飲めるように常備しておくのもありです。
しかし、ピルにも有効期限があるのを注意する必要がありますが、処方してもらえるタイミングでそういった部分は説明を受けるのが大切です。
パッケージに通常は期限も記載されているものなのですが、有効期限を守って正しく処方しているときちんとしたピルによる効果を実感することにもつながりやすいです。
大抵は1年から2年は有効期限がある場合が多いですが、余った分をしばらくしてから服用するのも可能になってくるところです。
より高い確率でのピルの避妊効果を期待しているのであれば、処方してもらってからあまり時間の経過していないものを服用するのがベストです。
ただし、ピルを休薬した状態が数ヶ月間ほど続いているうえで処方することになってくると慣れるまで時間がかかりやすいですが、様子を見ながら服用するのがもっともです。
一般的にはピルは必要なときに病院で処方してもらえるのが大半ですが、余ることは少なかったりする傾向が目立ちがちです。
万が一であれば、すぐに診てもらえるような病院をかかりつけにしておくのも悪くないと言えるわけです。