多くの女性が気になるピル服用で太る原因と対策

ピルには避妊や月経周期を整えたり、月経痛の緩和、肌荒れの改善など様々な効果があります。
一方で、多くの女性が服用することによって太ってしまうのではないかと心配しています。
しかし、この「太る」という副作用は、自己管理をしっかりすることで防ぐことができるのです。
ピルの成分には、女性の体内でも作られるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つのホルモンが含まれています。
この2つのホルモンは妊娠中に分泌されるため、ピルを長期間服用していると脳下垂体にこれらのホルモンが働きかけ、妊娠中と勘違いしてしまうのです。
妊娠中は食欲増進やエストロゲンによる保水力でむくみが起こるため、ピル服用により同じような状態になります。
そのためピルに含まれる成分が作用して太るのではなく、食欲増進によって食べ過ぎてしまったりむくみで見た目が太っているように見えてしまうのです。
ピルを服用することが太ることの直接の原因ではありません。
妊娠中に自分で体重管理するように、ピル服用中も食事制限をするなどコントロールして太らないよう予防することが大切です。
またむくみは、ホルモンの作用によるところもあり多少の影響は仕方ないことですが、マッサージや軽い運動をすることで改善できます。
ピルには種類がたくさんあり、副作用も人によって違います。
あまりにも食欲増進やむくみが酷かったり、気になる場合は薬が合っていない可能性もあります。
比較的太りにくい低用量のものに変えてみるのもいいでしょう。
女性にとって良い効果を発揮するものではありますが、服用によってストレスを感じてしまう時は無理に続けるのはやめるべきです。
また、服用する際は必ず医師や薬剤師の指示に従ってください。